水無瀬のゲーム日記

やっているゲームで話したいことをやTRPGのシナリオを記事にしていきます。

シノビガミ忍法構成まとめ #1

はじめに

どうも、忍になった水無瀬です。
最近シノビガミやる機会が多く、忍法とにらめっこしては面白そうな構成を考えてます。
今回はその中からメモも兼ねて何件かまとめてこうと思います。
ちなみに全部中忍前提で考えてあります。

私立御斎学園

水中戦したかった

  • 誘導
  • 戦場の極意
  • 抜井戸(古流忍法)

公式のキャラサンプルでもやってる【誘導】と【戦場の極意】を組み合わせただけです。
誘導からの水中、自分は戦場の極意でデメリット消しつつ行為判定に+とそれだけで良いのでは?と思っていたり。
【抜井戸】を取ったのは更に何か出来ないかと思ったから。
抜井戸の効果を活かしてトリッキーな動きをしたいですね。
こいつ以外にも古流忍法には水中でメリットがあるやつがあるからそれでも良いかも。

ドラマシーンメイン

  • 電撃作戦
  • 裂牙(古流忍法)
  • +ドラマシーンの戦闘に役立つ忍法

電撃作戦を使いたかったのとドラマシーンで場を荒らせるキャラを作りたかった。
裂牙を取っているのは確実に戦闘でダメージを与えたかったからです。
このキャラの構成は練るところがまだまだあると思うので、そこの調整要ですね。

鞍馬神流

ワンパンマン

こいつもドラマシーンを荒らしたくて作ったキャラ。出会い頭でワンパンするのが目標になります。
クリティカルヒットに断ちで5ダメ、錬気を発動していれば更に1ダメの開幕6ダメ持ってける構成にしてます。
クリティカルヒットを当てられるプロットに居なければ意味が無いので、影法師はファーストチョイス。
同プロットになるなら、射程関係ないじゃんと言うことで奥義の弱みは射程低下。
錬気ってやつ使えば6ダメ行くじゃんと言うことで錬気。
みたいな感じで半分くらい決まりました。
運用方法としては、初手1プロ→錬気。
次順に影法師→クリティカルヒットでワンパンが理想です。

他の忍法ですが、まず神槍はクリティカルヒットが当たらない相手への安定技。
1プロ読みで低いところに来る相手を狩るために入れてます。
最後に揺音ですが、狩りきれなかった場合の保険です。
奥義を破られては元も子もないのでそれを防ぎます。

集団戦かけたかった

  • 神槍
  • 先の先
  • 魔弾
  • プロット制限

ワンパンとは打って変わってじわじわ相手を追い込む形にしたかったキャラ。
神槍と先の先が主火力。そのまま使ったほうが強いと思う今日このごろですが、そのダメージを魔弾で集団戦に変えています。
プロット制限は神槍を確実に当てられるようにするため。
理想の流れとしては、初手4プロ→接近戦または神槍で殴る→プロット制限→次順、5プロ神槍→プロット制限→5プロ神槍→プロット制限・・・
と言ったところですかね。
え?魔弾がいらない?はは、そんなのわかりきったことじゃないですかー。

まとめ

今回は御斎と鞍馬の2つをまとめました。
御斎はトリッキーなキャラを作れるのが楽しいですよね。
鞍馬は脳筋に見えていろいろな構成が出来るのが良いです。
これからも、面白い構築を思いついたらまとめていこうと思います。

それでは、今回はこの辺で。

罪の摩天楼

概要

レギュレーション:現代
PL人数:3〜5人
※3人の場合:PC4カット、5人の場合:NPC1をPC5に。
タイプ:対立型
リミット:4
プライズ:「建物の秘密」
プレイ時間:3〜4時間(オフセかつPC5人の場合)

プライズ詳細

「建物の秘密」
地下の動力室では非人道的実験が行われている。
また、その成果として人の生命からエネルギーを生み出す事に成功している。
この建物のエネルギーは全てこの技術で賄っている。
※このプライズは秘密を抜かれた時点で入手することが出来る。
また、感情を結んでいる相手にも渡る。

キャラ情報

NPC1

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:ハグレモノの傭兵と活動しているが、最近仕事が減ってきた。
【本当の使命】は他の忍に協力し、自分を雇ってもらうこと。

ステータス

名前:灰相 雷亜(ハイアイ ライア)
特技:火術・遁走術・隠形術・分身の術・地の利・瞳術
忍法:影分身・爆破・昔日・鬼灯・(魔眼・真眼)
奥義:範囲攻撃
忍具:遁甲符2個

行動パターン

協力関係にあるキャラがいるなら、そのPCに有利になるように動く。
居ないなら、一番目的達成に近いPC。

NPC2(乱入者)

使命:建物の破壊
秘密:【本当の使命】はこの場を混沌に陥れること。

ステータス

名前:瀬戸 蘭(セト ラン)
特技:砲術・歩法・刀術・縄術・潜伏術・地の利
忍法:陽炎・覆滅・時雨・笹貫
奥義:不死身

行動パターン

PC3の有利になるように動く。

NPC3(管理者)

使命:誰にもこの建物を破壊されないこと。
秘密:【本当の使命】地下の秘密を悟られないようにすること。
仮に、知られてしまった場合はその者を消し去ること。
プライズ:「建物の秘密」

ステータス

名前:天笠 文彰(アマガサ フミアキ)
特技:絡繰術・拷問術・掘削術・身体操術・歩法・見敵術
忍法:機忍・(影法師)・機功・土竜吼・頑健
奥義:クリティカルヒット

行動パターン

「建物の秘密」を持っているPCを優先的に狙う。
秘密を持っているPCが居ない場合はランダムに対象決める。

PC1

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:この建物を破壊すること。
そのために障害となるものがあれば全て排除すること。
【本当の使命】は非協力的なキャラの排除。
プライズ:「建物の秘密」

PC2

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:この建物を破壊しようとする者がいるらしい。
【本当の使命】は破壊しようとすると者を自らの手で排除すること。

PC3

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:この場を混沌に陥れること。
あなたはこの建物に集められている忍を混乱させるために来た。
【本当の使命】は他キャラクターを全滅させること。
(クライマックスフェイズ終了時、自分もしくはNPC2以外のキャラが居ないこと)

秘密2:建物を破壊する名目で遅れて仲間が到着する。
NPC2の情報を公開する。

PC4

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:この建物の秘密を持ち帰ること。
あなたはこの建物で行われていることを世間に公表するべく、証拠を集めに来た。
【本当の使命】はこの建物で行われていることを知った上で、生きて帰る。
(クライマックスフェイズ終了時、脱落していないこと)

(PC5)

使命:建物の破壊を防ぐこと。
秘密:傭兵として活動しているが、最近仕事が減ってきた。
【本当の使命】は他の忍に協力し、自分を雇ってもらうこと。
(クライマックスフェイズ終了時、協力関係の忍と戦闘していないこと)

本編

導入

最近、注目を集めている人工島に作られたビル。
このビルは一見ただのビルであるが、中は研究施設となっている。
ここでは、様々な研究が行われており、またその成果も上がってきている。
これだけなら、ただの研究施設と変わらないが、なんでも効率の良いエネルギーの発生・貯蓄に成功したらしくそれが話題になっている。
ビル全ての電力をこの方法によって賄っているそうだ。
PC達はこの建物守るために集められる。
エントランスで待っていると依頼主である管理者がやってくる。
「みなさま、来て頂き誠にありがとうございます。
一見ただのビルですが、一応は成果のある研究施設でもあるので、破壊されるわけには行かないんですよ。
私も最大限破壊されないよう立ち回りますが、護衛の方よろしくお願いします。」

マスターシーン

1サイクル終了時

PCたちのバトルロワイヤル。
天笠がPCたちの実力を知りたいため。

3サイクル終了時

天笠から再び呼び出される。
先程犯行予告がきたため、念のため集まっていて貰いたいとのこと。
犯行予告では、間もなく建物を破壊しに向かうというお決まりの文句だったそうだ。
4サイクル目は全キャラの【居所】が共有された状態になる。(4サイクル目のみ)

クライマックスシーン直前

PC達が集まり、なにも起こらないなと気を抜いていると、唐突に警報が鳴り響く。
そこに警備員が走ってくる。
ひどく慌てた様子で、「侵入者が表れました!対応をお願いしまーーーー」彼が最後まで言い切る前に、首が落ちる。
その後ろから1人の男が表れ、「ここを壊させてもらう」と短く言い放つ。

エンディング

各PCに合わせた後日談を演出。

例:PC1が勝利

邪魔をする者を常に排除したPC。
今、地下の動力室の前に来ている。
辺りには限界まで生命力を吸われているのであろう。人が拘束され、うめき声を上げている。
直感的に理解する。ここの人達はもう助からないだろう。
爆薬を仕掛けるとPCは足早にビルを後にする。
しばらくしたところで、罪を積み上げられて築かれた摩天楼は崩壊していく。
PCは夜の闇に消えていく。
END

TRPG #3(システム紹介編)

はじめに

どうも、水無瀬です。
前回の記事から知ってるというか、出来るシステムが増えたので、紹介しようという回になります。
あくまで個人的な感想なので、参考までにどうぞ。

ソード・ワールド2.0

概要

3本の始まりの剣"ルミエル"“イグニス”“カルディア"によって作られた世界──ラクシア。
この世界は今、調和を目指す神を信仰する「人族」と、戦いと進化を目指す神を信仰する「蛮族」との間で長い戦いが続けられています。

2.0とあるだけに、ソード・ワールドの改良版になります。
1.0からはシステム・世界観など大幅に改良されている為、実質別物です。
ファンタジー系のシステムではだいぶ有名な部類な気がしてます。

特徴

  • 王道ファンタジー
  • 凝られた世界設定
  • ルールブックは文庫本のため、結構小さな本屋でも売ってる
  • ルルブが安い
  • 使うサイコロは6面2つなので、わかりやすい

何と言っても王道ファンタジーの良さですね。
クトゥルフパラノイアでは味わえない剣と魔法の世界はなかなかにテンションが上がりますよ。
しかも中世的な剣と魔法かと思えばハイテクな重火器や人造人間まであり、概ね求めてるファンタジーは対応してくれます。
また、世界設定も凝られている印象を受けます。
ルルブとかサプリに書かれてる世界観の設定を読むために買うのも悪くないと思います。

まとめ

ザ・ファンタジーと言ったシステム。
シナリオをクリアする度にキャラが強くなるのは、RPG色が強く出ている気がします。
コンシューマのファンタジーRPGが好きな人にはぜひプレイしてもらいたいです。

シノビガミ

概要

現代社会を舞台に、複数存在する流派に所属する忍者となって闇の世界でしのぎを削る、伝奇的な世界観

みんな大好き忍者になれます。
汎用TRPGシステム「サイコロ・フィクション」の第2段。
“ルール"はわかりやすい部類だと思います。

特徴

  • ゲームの雰囲気や流れがわかりやすいため、敷居が低い
  • キャラクター設定や忍法の演出の自由度が高い
  • PvP
  • 使命・秘密、プロットなどプレイヤー同士の駆け引き

基本的な流れはルルブを読むだけで把握できる手軽さは魅力的です。
クトゥルフなんてルルブ読んでもわからないことだらけだったので、とてもうれしいところです。
PCの扱う忍法と呼ばれる技能の選択肢が多いのも良い点だと思います。
選択肢が多いということはそれだけ、作る人の色が強く出たキャラクターになります。
同じコンセプトで作っても全く同じになることは無いんじゃないでしょうか。
ただ、この選択肢の多さはある種ネックな点ですね。
初めてだと何選んでいいかわからなくなると思います。
僕もそうでした。そんな時は回数積んで慣れましょう。
サンプルとかを参考にするのも良いかもしれません。

まとめ

クトゥルフについで人気があるイメージ。
キャラクター設定や演出に自由度が高いのは確かだけど、逆に高いのはそこだけの印象。
なんでも出来るクトゥルフと比べるのもどうかと思うけど、システムに自由度を求める人は肩狭さを感じるかも。
初めてTRPGやる人だけでなく、プレイヤー同士の駆け引きを楽しみたい人にもおすすめしたいシステムです。

ビギニングアイドル

概要

いつか、輝くステージへ!
アイドルになって、ライブやお仕事をし、ファンを集めて有名になろう! ゲームの成否は、ファンの人数次第!

アイドルになりたかったそこのアナタにおすすめの一作。
汎用システム「サイコロ・フィクション」の第11段になります。
プレイヤーはアイドルとなり、仕事やレッスン。はたまたオフで羽を伸ばしたりとアイドル生活を満喫できます。

特徴

  • システムが容易
  • RPが輝くシステム
  • PC同士の接点が多数あり

システムはサイコロ・フィクションを使用しているため、難易度は低いです。
ですが、その分RPは頑張る必要があります。
PC同士で駆け引きがあるわけでもなく、ヒントを集めて謎を解くと言ったことは無いため、RP部分を除くとサイコロ振るくらいしかやることがなくなってしまいます。
また、基本的にPCは2人ペアでRPをすることが多いので、否が応でも他PCとRPする必要があります。
そこがこのシステムの楽しいところなので、RPが好きという人は是非やってみてください。

まとめ

RP中心のTRPGといったところですかね。
自分がやった感想としては気楽に遊べるTRPGです。
クトゥルフシノビガミは結構頭使って疲れるんですが、これはRPに集中すればいいので気楽にいどめるのが好きな点でもあります。
ビギニングアイドルはPCのRP次第で楽しさが変わるゲームだと思うので、RP大好きな方はぜひ遊んでみてください。

まとめ

これで今のところ自分がやってるシステムは全部ですかね。
個人的にはシステム的に自由度が高いものが好きなので、やっぱりクトゥルフがお気に入りです。
次いで、ビギドルやシノビガミでしょうか。
自由度の高さではパラノイアのが上でしょうが、やったことが無いので選べない悲しみを背負っています・・・
この記事で少しでも色んなシステムに興味を持ってもらえた or 知ってもらえたら幸いです。

それでは、今回はこの辺で。

FGO #4(近況ガチャと育成結果)

はじめに

どうも、水無瀬です。
気がついたら羅生門のイベント始まってました。
ですが、今回の近況は羅生門ではなく、900万DLの話です。
ここであったが100年目。
イシュタルの居ない我がカルデアに存続意義など無かったので、イシュタル一点狙いで引きました。

ガチャ結果

f:id:minase_mira:20170606235514p:plain f:id:minase_mira:20170606235520p:plain

バグった。
10連2度目で奇跡的に引くことが出来ました!
正直今回は出るまで引く不退転の決意をしていたので、余ってた石で出たのはすごくラッキーですね。
これで我がカルデアの存続意義が出来ました。
人理修復するだけのカルデアとはおさらばです。

育成結果

f:id:minase_mira:20170606235507j:plain

イシュタルはしっかり最終再臨まで育てました。
後は聖杯とかスキルとかくらいですね。
ゆっくり絆も上げていければと思うところ。

f:id:minase_mira:20170606235505j:plain

多分、福袋くらいで引いたこいつも最終再臨しました。
槍星5はカルナが居るので、行く場所によっては使い分けですかね?
まぁ使い所があるか現状見えてないですが・・・

まとめ

なんで今さら900万の話をしたかというと、羅生門はガチャなにも出なかったからです。
10連は石がなく引けないし、呼符は20回分程回しましたが星4礼装1枚とかそのレベルでした。
CCCイベ、900万イベとガチャ運がバグってたんで仕方なしですかね。
また何かあったらブログにできればなと言うところです。
それでは、今回はこの辺で。

コイキング育て始めました。#1

どうも、水無瀬です。
最近コイキングを育て始めました。
手軽に出来るんで、気づいたら空き時間にやってる今日このごろです。
そうこうしてるうちにブリーダーレベルが10になりました。

f:id:minase_mira:20170529234358p:plain

せっかくキリが良いレベルになったのでブログに載せようというのが今回です。

今のコイキング

f:id:minase_mira:20170529234816p:plain

六代目まで来ました。
名前はミナキングです。世襲制なのでこの名前は永遠に語り継がれることになります。
最初はこれはねーだろとか思ってた名前ですが、しばらく見てると愛着が湧くものです。
今では、結構お気に入りの名前になってます。
最初ミナセングにしようとも思ったのですが、コイキング要素がなさ過ぎて違和感しか無いので、今の名前に落ち着きました。

ちなみに五代目は金色だったりします。
f:id:minase_mira:20170529234353j:plain

金色の強そう感がすごかったので、ちょっと残念です・・・
まぁその内また来るやろくらいの気持ちでコイキングを育て続けます。

終わりに

ちょくちょくやって行くと思うので、節目毎に近況をブログに残していけたらなって思います。
飽き性なので、いつまで続くかわかりませんが、とりあえず続けてきます。
それでは今回はこの辺で。

FGO #3(CCCイベント編)

どうも。水無瀬です。
最近ようやくCCCイベントをクリアしました。
今回はせっかくなんで感想でも記事にしようと言う話です。
クリア感想なのでネタバレありです。

感想

f:id:minase_mira:20170514231831p:plainf:id:minase_mira:20170514231835p:plain

だいぶかかった挙句、すごくギリギリな戦いになりました。
正直全部交換してコンテしようと思ってたので、クリアできたのは正直驚きましたww
王の話はもうしばらく聞かなくて良いかなと思う今日このごろです。

f:id:minase_mira:20170514231842p:plain

おまけにクエストも全部終わりました。
一番キツかったのはイーターXですかねww
なんでほぼほぼ1体しか出てこないのに20体討伐なんですかね・・・
とてもめんどくさかったです。
ちなみにクエスト終わらせるに当たって我がカルデアの種火は全てBBに食べられてしまいました・・・

まとめ

今回のイベントは良かったんじゃないかと思います。
難易度もこれくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。
強い人は物足りないのかもしれないですが、自分くらいのレベルでは丁度良かったです。
BBの使い勝手はまだ使ってないのでわからないですが、サーヴァント貰えるのはやっぱうれしいです。
水無瀬のイベントは終わりましたが、ジャンヌオルタのために、角を集めることにします。

それでは今回はこの辺で。

消された地下施設

概要

カルト教団の人体実験設備(地下)に連れてこられる。(クローズド)
既に廃墟となった研究所からの脱出。
表向きはまともな研究所であり、地下で人体実験を行っていた。
実験中に予期せぬ事態が起きたため、建物事爆破して封鎖。
世間には研究中の事故として報道されている。
建物が崩壊しているため、出口は無い。

導入

探索者たちが気がつくと見知らぬ場所にいた。
ここに来るまで何をしていたのか、思い出せない。
<アイデア>
→辛うじて、日常生活を送っていたであろうことを思い出す。
探索者たちが覚えていることは他には名前くらいだ。

本編

最初の部屋

部屋は薄暗くよく見えないが、とても酷い臭いがする。
部屋の壁が見えないことから、狭い部屋では無さそうだ。

<目星>、<聞き耳>
→部屋の一角に何かが山積みになっていることが分かる。
よく見る、近づくなど
→死体の山だったSANc(0/1D3)

実験室

部屋の中央に病院の手術台のようなものがある。
その上に設置されたライトのみがこの部屋の光源となっているため、全体的に薄暗い。
手術台以外には棚がある以外には特に何も無い。

<目星>
→周りの備品は基本的に古びており、まともに使えるのか怪しいレベルである。
部屋全体が所々赤黒くなっている事に気がつく。
追加 <目星> or <アイデア>
→血であることに気がつく。SANc(0/1D2)

手術台

病院にあるような普通の手術台である。
<目星>
→つい最近まで使われていたのか、ほかの備品に比べるとやや新しく見える。

薬品や本がおいてある。

<目星>or<アイデア>
→配置や棚の空き具合に違和感を覚える。
何か持ち出されているような気がする。
<図書館>
→本は研究記録であることがわかる。
<科学>
→薬品は麻酔薬であることがわかる。
※イソフルランなど吸入麻酔薬である。

研究記録

○月○日
教祖様の寿命延長は順調に進んでいるみたいだ。
○月✕日
本日は次のフェーズに進むため、教祖様が視察にいらっしゃった。
寿命延長は成功したのだろう。
以前お会いした時よりも覇気を感じた。

図書室

本棚が4つと机がある。

机の上には筆記用具とスタンドライト、紙切れがある。
紙切れはこのフロアの地図になっている。
マップ公開。

マップ

隠し部屋がある方がKP用、無い方がPC用です。

f:id:minase_mira:20170504154432p:plainf:id:minase_mira:20170504154425p:plain

本棚

<目星>
→本棚を動かした後がある事に気がつく。
動かす場合、STR対抗。(12くらい)
本を抜いて動かす場合、 <幸運>
失敗した探索者がいる場合、無形の落とし子が来る。
本棚を動かすと、壁には魔法陣のようなものが書かれていた。

<図書館>
→研究者のものと思われるメモを見つける。
教団の情報も。

メモ

ようやく、目的の本にたどり着けたと思ったらこれは違うもののようだ。
残念だが、また捜索するしか無いようだ。
全量は読むことができなかったので、読めたところだけメモに記しておく。
どうやら目的の本はどこかの洞窟にあるらしい。
そんなことよりもこの教団は、いつまでこんな事を続けるんだろうか。
ここでの研究はそろそろやめたい・・・。 こんなところに居たら人でなくなってしまいそうだ。

メモから"門の創造"を取得。

魔法陣

<目星>
→ここは壁ではなく、扉になっている事に気がつく。
開ける場合は隠し部屋へ

隠し部屋

地図上には記されていない箇所。
中には爆薬とメモ、死体がある。SANc(0/1D2)

<科学>
→爆薬はニトログリセリンであることがわかる。

メモ

ここはもうダメだ。
教団も隠蔽のためにここを封鎖したみたいだ。
一旦、ここに隠れこんだが、いつバレてもおかしくない。
バレてないとしたら、奴が上手く働いてくれたんだろう。
こんなことにならもっと早く、脱出しているんだった・・・
調理室に隠しておいた爆薬はまだ残っているだろうか。

食堂

かなり荒れている。
テーブルや椅子はほとんどが壊され、辺りに散らばっている。
また、食事中だったのだろう。初期類も幾らか散らばっているのが確認できる。
ここで起きたことがただ事では無かったのを証明するように床や壁、壊れたテーブルなどには血が付着している。
血の出どころと思われる人も同様に床に散らばっていた。
SANc(1/1D6)
<目星>→何かを握りしめている人がある事に気がつく。
取る場合STR対抗。(14くらい)

メモ

・やることリスト
図書室より先の部屋のドアに模様を書く。
ドアの前に本棚を置く。
食堂に行き、助けが来るのを待つ。

調理室

屍鬼エンカウント
そこは一般的な調理室になっている。
物音が聞こえ、人影のようなものが見える。
人影に対し<目星>
→それは人の様に見えるが、やや頭が犬に似ている。

近づく
→食屍鬼が人を食べているところに遭遇。SANc(0/1D6)
SANc後、戦闘へ。

部屋に対し<目星>
→油やライターが見つかる。

一般的な調理室にあるもので、探索者が欲しがるものがあれば渡す。
→包丁、フライパンなど。
KP
一般的では無いものに付いては<幸運>に成功した場合、渡してください。

屍鬼

  • STR:16
  • CON:13
  • SIZ:13
  • INT:13
  • POW:13
  • DEX:13
  • HP:13
  • DB:+1D4
  • 装甲:火器、飛び道具はダメージ半減(端数切り上げ)
  • 攻撃:鉤爪(30%:1D6+DB)、噛みつき(30%:1D6 + 1D4)

KP ステータスや呪文はPLに応じて適宜修正してください。

地上への階段

無形の落とし子とエンカウント

階段の前まで来ると、扉の前に何かあることがわかる。
一見ただの黒い塊にしか見えない。
しかし、それは動いているのだ。
液体か個体か判別のつかない動きをしているそれは意志があるのか、あなた達の方を振り向いた気がする。
黒い塊を見た探索者たちはSANc。(1/1D10)

KP
PC達がすぐ逃げれる様にDEXは遅めにする。
爆薬など攻撃を与えられるものを持ってくる。
逃げ切れたとしてもしばらくしたら探索者のところに出現させる。(追いつかれた様な描写で。)


開かないことが分かる。

KP
ここの扉を爆破すれば脱出できる。

無形の落とし子

  • STR:9
  • CON:10
  • SIZ:15
  • INT:13
  • POW:10
  • DEX:6
  • HP:13
  • DB:+1D6
  • 装甲:物理無効
  • 攻撃:鞭(90%:1D6)、触肢(60%:DBと同じ)、打突(20%:2D6)、噛みつき(30%:ルルブ参照)

エンディング

門の創造を使用した場合

探索者たちが門を通り、研究施設を後にするとそこは自分が思い浮かべた場所に来ていた。
周りに先程まで一緒だった人はおらず、先程までの事は夢だったのかとさえ思えてくる。
しかし、身体がそれを否定する。
先程感じていた恐怖や傷が残っているからだ。
探索者は無事帰ってきたことを安堵するだろう。
END

入り口を爆破した場合

扉を爆破し、瓦礫をどかし地上に出るとそこは見たこともない場所だった。
周りにはなにも無く、建物が倒壊した跡が残っているだけだ。
どこか地方の山なのか、少し開けてるこの場所以外は木しかない。
数日後、山中で迷っているところをたまたま近くを通りかかった人に助けらる。
その後数日病院で過ごした後、各々の生活に戻っていくだろう。
END

SAN値回復

1D10