読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無瀬のゲーム日記

やっているゲームで話したいことをやTRPGのシナリオを記事にしていきます。

ミステリーツアー

導入

※探索者たちは友人同士などで。
探索者たちは最近話題になってる謎解きアトラクションに遊びに来ています。
アトラクションの名前は「ミステリーツアー〜沸騰する混沌の中心〜」です。
適度に頭を使うため、頭の体操がてらに行く人が多いそうだ。
探索者たちの1人がこのアトラクションのチケットを人数分貰ったので遊びに行こうと提案したためここに来ています。
また、最近になってここでは心霊現象が起きると話題になっています。
それは唐突に目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったりなど様々だ。
こういうホラー系の話題が後を絶たないため、実はやばいところだったんじゃないかとネットでは話題になっている。

タイミングが良かったのか、まだ並んでいる人がおらず、そのままスムーズに入ることが出来そうだ。
受付のお姉さんにチケットを渡せば普通に入れる。
チケットを渡すと代わりに最初の部屋のヒントが書いてあるパネルが貰える。
また、お姉さんに中は薄暗くなってますので、お気をつけ下さいと言われる。
パネル:正しい道を選べ。質問は一度だけ。どちらか片方は本当の事しか言わず、もう一方は嘘しか言わない。
最初の部屋の扉には①と書いてある。

本編

①の部屋

部屋にはいるとそこは薄暗く、何もない。
奥に扉が2つある。
その扉の前には男が立っている。

それぞれ男に近づくとメモをくれる。
左:こちらの道が正しい。この扉を通れ。
右:あちらの道が正しい。あの扉を通れ。

KP
話す言葉はホントのこと or 嘘のことしか言わない。
メモは関係なし。言ってないし。

左の扉(正直者):扉は正しくない
右の扉(嘘つき):扉は正しい

左に入った場合:廊下(間違った扉)へ
右に入った場合:廊下(正解の扉)へ

廊下(正解の扉)

扉を抜けるとそこは廊下だった。さほど広くない。
壁はとても綺麗で、探索者たちの顔がそこに写っている。
写っている自分の顔を見た探索者は幸運ロール。
次の部屋へ。
<幸運>
失敗→壁に映っている探索者は不気味に笑っている。
SANチェック 0/1
※2回目以降の場合、無くなるものリストの中から演出だけやる。

廊下(間違った扉)

扉を抜けるとそこは廊下だった。
廊下は薄暗く、更にさほど広くない。
壁はとても綺麗で、探索者たちの顔がそこに写っている。

KP
1d4のダイス。無くなるものを決める。

無くなるもの

  1. 視力
  2. 聴力
  3. 思考力(知識系技能-50%)

ダイスの結果によってそれぞれ描写を変える。

  • 視力
    突然壁に大量の目が現れる。それら全ては探索者のことを凝視している。
    SANチェック。1/1d3
  • 聴力
    廊下中に甲高い叫び声が反響する。
    SANチェック。1/1d3
    しかし、その声も段々と聞こえなくなり、気がつけば全ての音が聞こえなくなっていた。

  • 壁から大量の手が出てくる。
    その手は探索者の腕を掴むと壁の方へと引き寄せる。
    SANチェック。1d2/1d3+1
    振りほどきたければ振りほどけます。
    ただし、壁の腕は消えない。ずっと探索者の腕をつかもうとしてくる。
  • 思考力
    映っている探索者の頭は弾け飛ぶ。
    脳が、眼球が、鮮血が飛び散る。
    その血は壁を内側から赤く染め上げる。
    真っ赤になった壁に映っている探索者は笑いながら頭から血を流していた。
    SANチェック。1d3/1d6
    実ダメージはないです。血も自分は出ていないです。

次の部屋に入るとそれぞれ目が見えなくなったり、耳が聞こえなくなったり、腕に力が入らなかったり、頭にモヤがかかったように上手く考えられなくなったりしている。
思考力は考える技能、ロールをした時に-50%で振る。

ヒント部屋1

そこの部屋には、机(引き出し付きのもの)と本棚、正面に扉がある。

本棚
<図書館>→タロットに関する本を見つける。
タロットカードのイラストにはそれぞれシンボルがある。
例えば0なら、黄色い背景、白い太陽、白いバラ、白い犬、崖、荷物である。
0.黄色い背景
1.黄色い背景
2.青い色調
3.黄色い背景
4.オレンジ色の背景
5.灰色の建造物
6.黄色い太陽
7.黄色い背景
8.黄色い背景
9.灰色の空
10.輪
11.黄色い背景
12.青い服
13.太陽


<目星>→引き出しからメモを見つける。
(1).白い服
13.太陽
2.2つの柱
(12).青い服
3.♀のマーク
(11).剣
(4).赤い装束
10.スフィンクス
KP
()のところは数字が入ってないということにしてください。
答えように数字を入れているだけです。


②と書いてある。

②の部屋

黄色い部屋だ。部屋の中央には女性の像がある。
また、女性の像の前には剣が転がっている。
奥には扉が5枚ある。

女性の像
石膏の女性の像。服を着ているが、色はわからない。(ただ、色を塗られていないだけ)
<目星>→重そうだが、頑張れば動かせそうだ。


西洋風の剣だ。とても良く切れそう。
<目星>→よく見ると偽物だということに気づく。


左から、愚者、女帝、戦車、隠者、正義と書いてある。

正義の扉→廊下(正解の扉)へ
女帝、戦車、隠者の扉→廊下(間違った扉)へ
愚者の扉→廊下(愚者の扉)へ

廊下(愚者の扉)

そこは先程の廊下とは違い、とても広い。
壁も反射するほど綺麗なものではなく、何も映らない。
廊下の先には扉があることをかろうじて確認することができる。

探索者たちが廊下を半分ほど進むと後ろから音が聞こえる。
音を聞いて後ろを振り返ると、離れたところに何かいる。
それは3メートルはあるであろう、巨大な人のようなものだった。
身体はずんぐりしていて、筋肉質である。また、皮膚は暗い灰色をしており、手足は巨大だ。
人間の顔に当たる部分にはたったひとつ、黒く光る目があるだけだ。
SANチェック。0/1d6
巨人の単眼が探索者たちを捉えると、こちらへかけ出してくる。

DEX対抗で逃げ切る。
戦いたければ、それでも良い。

アルスカリ

STR:32
CON:20
POW:20
DEX:10
SIZ:20
INT:8
掴む&押しつぶす 60% ダメージ2d6

ヒント部屋2

部屋の中には本棚と扉がある。
それ以外には特に無い。

部屋に<目星>→入ってきた扉に何か書いてあることに気がつく。
入ってきた扉
扉に紙が貼ってあり、下記のように書いてある。

  • スペード→剣
  • ハート→聖杯
  • ダイヤ→金貨
  • クラブ→棍棒

本棚に<目星>→メモが挟まってるのを発見する
メモ

本棚に<図書館>→トランプの人物の由来を見つける。
1冊ランダム(1d3)
1:キング編
2:クイーン編
3:ジャック編
本(本棚)
様々な人物について簡単に記述されている事がわかる。

扉(次に続く方)
③と書いてある。

③の部屋

部屋の中央に石像4つ。その前に、剣、金貨の入った袋、棍棒、聖杯がある。

石像
一番左が女性の像で、残りは男性の像だ。
また、石像の足元には何かが置けそうになっている。
石像<目星>→台座に小さく何か書いてあるに気がつく。

  • “都市の守護女神”(スペード:アテナ)
  • “平和なくして、神を喜ばせる事はできない”(ハート:カール大帝)
  • “賽は投げられた”(ダイヤ:カエサル)
  • “湖の騎士”(クラブ:ランスロット)

それぞれに正しく配置できた場合:廊下(正解の扉)へ
配置出来なかった場合:廊下(間違った扉)へ

ヒント部屋3

部屋の中には何もない。扉があるだけ。
探索者全員に<幸運>
探索者たちは頭のなかに言葉が聞こえてくる。
KP
KPがダイスを振り一番近かった人だけ、個別にメッセージを送る。

近かった人:2番を壊せ。壊せぬ場合は死を。
みんな:2番を殺せ。殺せぬ場合は死を。


④と書いてある

④の部屋

部屋の中央に5体の人形がある。
人形の隣には看板が出ている。
また、人形を壊しやすそうなハンマーが人形の前に転がっている。
それ以外には扉があるだけだ。

看板
看板には"この中の一つはお前たちの写身"と書かれている。

人形
どこにでもあるようなマネキン。
マネキンの胸に数字の書いてあるバッチが付いている。
左から順に1,2,3,4,5


出口と書いてある。
開かない。

<目星>→部屋の隅にメモを見つける。
ボロボロでだいぶ読みにくくなっている。
<日本語>→メモを読める。
メモ:みなは嘘をついている。
KP
意見が多い方が嘘だという事の示唆

2番の人形を破壊すると破壊したのと同じ傷が探索者たちにできる。
少しでも壊せばOK。かすり傷レベルとか。

エンディング

ノーマル

扉を抜けるとまばゆい光が探索者たちを包む。
あまりの眩しさにあなた達が目を細めていると、何者かに声をかけられる。
お疲れ様でした。こちらがクリアした方にお配りしている賞状になります。
声の主は受付のお姉さんだった。探索者たちは見事このアトラクションをクリアしたため、賞状がもらえるそうだ。
探索者たちは自分たちが建物内で失ったものが元に戻っていることに気がつくでしょう。
お姉さんから賞状を貰うと各々自宅に向かうなり、ここでの話をしたりなど、いつもの生活に戻って行くでしょう。
END

BAD(全部の部屋間違えた場合)

扉を抜けるとそこには、巨大な怪物がいた。
鉤爪のついた手のような帰還と顔の代わりに付いている、赤い血の色をした長い触手が付いている。
探索者たちは直感的に理解するだろう。
自分がここから生きては帰れないことを
LOST

トゥルー(全部正解)

扉を抜けるとまばゆい光が探索者たちを包む。
あまりの眩しさにあなた達が目を細めていると、何者かに声をかけられる。
お疲れ様でした。こちらがクリアした方にお配りしている賞状になります。
声の主を探索者たちは知らない。そこには顔立ちの良いスーツの男が立っていた。
男はここのオーナーだという。
オーナーは中の様子を常にモニターしているらしく、探索者たちを見ていてとても楽しめたので、直接賞状を渡しに来たそうだ。
男から賞状を貰うと各々自宅に向かうなり、ここでの話をしたりなど、いつもの生活に戻って行くでしょう。
END

クリア報酬

ノーマル

1d6のSAN回復

トゥルー

1d6のSAN回復